紙から手作り年賀状

いいね

紙から手作り年賀状

紙からすいて、はがきも絵もすべて手作りの、ほっこりあったかい年賀状を作ってみよう!

用意するもの

・牛乳パック(1個でハガキ4?5枚は作れます)
・容器(牛乳パックを浸せるもの)
・ミキサー
・紙すき器
・バケツ
・タオル
・アイロン

作り方のコツ

本来、ミキサーで紙は砕きませんので、ミキサーにかける際には慎重に、すこしづつ砕いていきましょう。
あまりミキサーに負担をかけると故障の原因になります。
なお、紙をすく際には、パルプが均等に、ある程度の厚さになるようにすくってください。偏っていたり、薄すぎると乾かす工程や絵付け時に、破れてしまう恐れがあります。

【手順1】

牛乳パックを切って開き、2つに切り分けます。
その状態で容器に入れた水に浸し2?3日寝かせるか、熱湯に浸してふやかします。

【手順2】

紙がふやけたら、オモテ面、ウラ面、両面に貼ってあるツルツルとしたフィルム面を剥がします。
これを牛乳パック1個分行います。フィルムをとった状態が紙の原料になるパルプです。

【手順3】

パルプを細かくちぎり、ミキサーに入れ、2/3ほど水を注いでから砕きます。

【手順4】

ドロドロの状態になったら、バケツにすべて移します。

【手順5】

紙すき器でパルプをすくい、均等の厚みになるようにゆっくり振ります。

【手順6】

紙すき器の木枠から金網部分を取り外して、平らな容器などの上に紙を移します。

【手順7】

タオルで押さえて、水気を切ります。

【手順8】

さらに、アイロンをかけて、水気を完全に飛ばします。

【手順9】

すいた紙がはがきになりました。

【手順10】

絵付けをして、紙も絵も手作りのほっこりあったかい年賀状の出来上がり!
投函する際には、切手を貼って、その下に赤字で「年賀」と書いてください。